Skip to content

中古物件が今人気

中古で物件を購入して、そこをリフォームして住むという人が増えてきています。その方が、新築を購入するよりも予算的に安くおさまるのだとか。しかも、自分の好きにできますよね。
注文住宅であれば新築で一から希望を叶えられますが、建て売りやマンションだとそういうわけにはいきません。でもリフォームなら…自分たちの希望を叶えることができるでしょう。

しかも安いのですから、中古物件は今注目です。といっても、きちんと安全性の高い物件を選ぶようにしてください。天災はいつ起こるかわかりませんから、頑丈で災害にも強い物件が理想です。
また最近はセキュリティ面もしっかりしているかどうかを見るのもポイント。マンションならマンションの防犯、そして一軒家なら思い切って防犯のために警備会社に加入をするなどで対応しましょう。

お風呂でできるマッサージ

“私はいつもお風呂でマッサージをしています。お風呂で使えて、手に取ると温かくなるジェルというのがあったのでそれを購入し、髪の毛を洗ってトリートメントをつけておいている間に、マッサージをしています。
まずは足先からふくらはぎ、そして太ももに向かってむくみをとるようにマッサージします。足の付け根にリンパ節という老廃物を流せるポイントがあるので、足の疲れを取るようにマッサージ。
そして腕なども同じで手先から腕へ向かって、そしてワキの下のリンパ節へ流し込みます。顔なども同様です。

これを始めてから、むくみが改善されたように思います。お風呂で、しかもトリートメントを置いている間です。今までは暇でお風呂にテレビを持ち込んでいたのですが、最近はマッサージで時間を潰せています。
冬になると寒そうなので心配ですが、今の時期は温かくなるジェルが心地いい温かさです。

ショートにする前に

ショートカットに挑戦したいと思っていたのですが、なかなか勇気が出ずにずっとロングのままでいます。
ある日、友達が美容師なのでショートにしたらどうなると思うか?と尋ねてみました。するとその彼女が言った言葉がわたし的にはとても納得のいくものだったのでご紹介したいと思います。
彼女の理論によると、年をとると髪の毛は短くする。なので若い間はロングヘアを楽しんだほうがいいというものです。いずれショートだけの日々がくるのだから、なぜ今からショートヘアにするのか?ということなのです。
確かに、年をとった人でロングの髪型をしている人はあまり見かけません。ほとんどがショートです。
それを考えると、彼女の言っていることはとても説得力のあるものでした。なので髪の毛を切らずにこのまましばらくはロングケアを楽しもうと思っています。ショートにしたい人は、彼女の理論を思い出してみてください。

薄毛を克服

増毛したという有名人は多いことと思います。その中の一人にSMAPのくさなぎさんがいます。アイドルという立場上薄毛というのはとても大きな悩みだったと思います、昔からAGAについてはうわさをされていました。しかし今ではしっかりと薄毛を克服しているように思えます。そんなくさなぎさんですが、スカルプのCMを中居さんとするまでに大きく自分の薄毛の問題をオープンにしてきています。逆に薄毛であることを隠すよりも、薄毛に対処しようとがんばってそれを克服したという姿が、個人的には好印象です。昔は薄毛を隠しているようでしたが、いつまでもかっこよくいるために努力しているのですから、薄毛に対しても取り組んでいる姿が多くの同じ悩みを抱える人の希望になると思います。一般の人でも薄毛であることを公表して、がんばっている姿を見せるほうが逆に好感を持てるような気持ちもします。明るくいきることが大事ですね。

保障内容も確認

生命保険として、死亡保険に加入している人も少なくないと思います。そんな死亡保険ですが、もちろん価格も気になりますよね?!でもそれ以上に大事なことがあります。それは実際に保険金を受け取ることになったならばどれくらいの補償があるか?ということです。

保険の掛け金も家計を圧迫してしまうものになりがちです。しかし、保険というのは万が一のときに備えるものです。そんな万が一のときが来てしまったときに、あたふたせずにしっかりと対応できるだけの金額を保証してもらいたいものです。死亡保険は、家族のために入るものといえます。

保険料だけを基準に保障額を設定し、実際に万一のことが起こったとき、保障額が不足してしまったりすることもあります。それでは家族のために加入したのに意味がないということになります。困るのは大切なご家族です。

お金を借りる

銀行系のキャッシングが良い

お金を借りるという理由のひとつに、失業してしまった、給料が減ってしまったということがあるかもしれません。そんなときにお金を借りるかもしれませんが、収入が減っている上に借り入れの利子まで返済をしなければならないとなると、かなりの負担になります。しかし、そんなときに国が助けを差し伸べているということをしっていましたか?

厚生労働省:総合支援資金貸付といます。失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対する、生活支援費のことです。上限として2人以上世帯月額20万円、単身では月額15万円を最長12ヶ月まで貸付てくれる制度です。

しかも無利子での借り入れが可能です。このような制度を知っているのと知っていないのではかなりの差が生じます。正しい知識もきちんと身につけましょう。収入がえられるまでに利用できる安心の制度です。

ネットショッピングはすごく楽

ネットショッピングってすごーく楽ですよね。最近私はたくさんネットショッピングしちゃいました。洋服も定番のタンクトップとかはインターネットだとすごく安く買えるんですよね。
まとめ買いをして送料も無料になったので大満足です。ただ1つだけ欲しいけど不安なものが…それは靴です。横幅が広いので普通の靴でも試着をしてサイズが合うか合わないかが問題。
そのため、可愛くて欲しい靴を見つけてもなかなか買う勇気が出ないです。友人の中にはインターネットで靴を平気で買っちゃう子がいるんですが…サイズ選びが難しいものはどうしても躊躇しちゃいますね。
靴もまずはお手ごろなものからショッピングしてみようかなぁ。いちいち出かけるのが面倒!なんていっていてはいけないですけど、忙しいときとかに、気軽に家で買い物できるのってとっても楽です。

三大病の怖さ

死亡保険の選び方

三大病といわれているひとつががんです。がんになると、初期で気付けば完全に切除できる可能性も高まりますが、初期で発見できない場合も多いのだとか。
実際になかなか発見できず、見つかったときには手術もできずに、余命を告げられる…といったがん患者もたくさんいます。
少しでもがんに頑張って立ち向ってもらいたいというのが家族の願いでもあるでしょうが、そこでどうしても発生してくるのがお金の問題。
治療にはお金が必要ですし、特にがんの場合は色々な治療が行われるため、かなり高額な医療費になってしまうのです。

しっかりと治療を受けてもらうためにも、がん保険があります。普通の生命保険ではまかないきれないようなものも、がん保険なら可能です。
がんが治らない、という時代は既に終わりを迎えました。治るがんもたくさんあるのですから、頑張って治療を続けて元気になれるよう、家族でサポートすると同時にがん保険にもしっかりとサポートしてもらいましょう。

日常生活で運動

運動をしたいけれど、きつい運動はできない、運動は楽にしたいという人も多いと思います。

そんな人にお勧めなのが、ながら運動です。何かをしながら運動するのです。一番手軽にできるのが歩くという方法で運動不足を解消することでしょう。

日常生活の中で歩くということを意識しましょう。たとえば、エスカレーターを使うのをやめてみましょう。都会ではエスカレーター近くは混んでいて、順番待ちをすることがあります。

ぼーっとしていたら乗り遅れて迷惑になることもあります。そんなときに利用したいのが、階段です。

階段登り待ちなんてないし、とにかくスムーズです。そして運動になります。

ショッピングや会社の中でも何かと歩くことを意識しましょう。とにかく楽をしない、近道をしないということを心がけましょう。

楽に運動をするために楽をしないというのはなんだか変に感じるかもしれませんが、日常生活に運動を取り入れられます。

初恋は本当に美しい?

初恋は恋愛の中でもとても美しい記憶として残っているのではないでしょうか?

ここでいう初恋とは、幼稚園生や小学生のときにする恋愛ごっとの初恋ではなくて、本気で好きになるということの意味を理解し始めたころの初恋のことをさします。

どうして初恋は特別なのでしょうか?それは恋愛の中で1つしかないからともいえます。さらに初恋って誰の記憶の中でも、だんだん美化されちゃうから、歳とって思うほど美しい記憶です。

すれ違いながらも離れていったことさえもが美しい記憶になってしまうのです。実際にはそこまでよくなくても、美化してしまうためによりきれいな形のままでいるのです。

初恋は誰にとっても甘酸っぱい思い出でしょう。大事に胸にしまっておきたい記憶です。

初恋で結婚にまでいたるという人は、なかなかいません。それに初恋の人と結婚するよりも、2番目に好きになった人と結婚した方がうまくいく言われています。

本当かどうかはおいておいて、初恋は実際にはそこまで美しいものではないかもしれませんね。